教育方針・特色

学校長メッセージ

野上 浩實

看護に優しい愛のケアを

ホスピスや緩和ケア病棟で使われる言葉にTLC(Tender Loving Care)という文字が良く出てきます。これは優しい愛のケアを意味します。患者さんの側に付き添って、優しく話しかけたり、手や腕を軽く握り、優しく手足をマッサージしてケアすることです。このTLCが看護の基本であると考えます。
泉佐野泉南医師会看護専門学校は、平成14年4月に泉佐野泉南医師会によって設立されました。近隣3市3町と泉佐野泉南医師会から財政援助を受け、運営しています。地域に根ざした特色のある看護師育成に努めていくため、以下の基本方針に従って運営してゆきたいと考えています。

リスト

以上の基本方針のもと、優れたスタッフ、充実した実習病院の中で、学生、教員が心をひとつにして、優秀な看護師養成に努めて行きたいと思います。

副学校長メッセージ

伊藤照美

本校は地域医療における看護実践者の質の向上と定着をめざし、平成14年4月に3年課程の看護学科を開設しました。
本校の設置者である泉佐野泉南医師会は、3市3町(泉佐野市、泉南市、阪南市、熊取町、田尻町、岬町)の地域住民の方々が安心できる医療環境を整えることを目的としています。その一役を担う病院や施設が、本校の看護学実習の現場です。そこでは母校の卒業生が就職し活躍しており、実習生に優しく丁寧に指導しています。看護師を志す皆さんが安心して学びきれますように、3市3町および設置者の協力支援のもと、看護に必要な知識・技術・態度を学び身につけていきます。
入学した学生は、実によい笑顔で登校してきます。「誰かの役に立ちたい」「困っている人を助けたい」「安心や安らぎを届けたい」素朴な思いや願いが、本校での講義・演習・実習を実践する中で「看護の実践者として社会貢献に尽くす」と意思決定を明確にしていきます。そこには、共に学ぶ仲間、教え励ましてくれる先輩、寄り添い導く実習指導者そして教職員がいます。まずは嫌なこと、苦手な人を避けるのではなく、心を強くして生きる力をつけることを学んでほしい。なぜなら、自分とは24時間一緒であり、自分自身と仲良くやれることの方が大切だから。
本校には「看護する(知識・技術)」教育はもちろんのこと、「看護師になる(態度)」ことに焦点を当てたプログラムが組み込まれています。
4月の教育キャンプでは、宿泊を通して本校の雰囲気を感じながら学生間の交流を深めつつ「生きる」ことについて考えます。生命と植物の授業における陶芸・フィールドワーク(土壌づくり・植物の栽培)と収穫祭からは、植物と人の生命相互の関わりの重要性を学びます。
インターネットライブ授業では、自己の視野を広げることはもとより、ライブ中継先にいる人々に対して尊敬・尊重(Respect)した態度を身に付けます。アメリカ研修では、異文化の医療・看護の実際を知ると共に、組織の一員としてリーダーシップ・メンバーシップをとることを学びます。
これらを通して学生はあらゆる学びの機会が看護(その人がその人らしく生きることを支援する)と深くかかわっていることを体感します。

さあ! 未来の看護師のあなた!!
本校を訪ねてください。学生・教職員と話しましょう。
お待ちしています。